TOPへ

第9回
勝プレではみなさんのプレゼンも募集中。ともに不況に喘ぐ日本を救おう!なんつって。

スポーツクラブ 営業企画担当者 御中
『スポーツクラブ新事業企画』
時下、益々ご清栄のことと、お喜び申し上げます。
この度は、勝手にプレゼンさせていただく非礼、お許しください。
万年キャンペーン中のスポーツクラブ
日本のスポーツクラブの歴史は、東京オリンピック以降の水泳ブームを受けて69年に誕生した、「セントラル」に始まります。70年代には、ダイエーレジャーランド、NAS、ピープル、ルネサンスらも次々とオープン…。

そして81年、エアロビクスの大家、ケネス・クーパー博士が来日し、日本にエアロビ・ブームが巻き起こり、80年代、スポーツクラブは飛躍的に増加します。ジム・プール・スタジオの「三種の神器」が揃ったのも、この頃。

更に80年代後半になると、バブル時代に突入。ビルの建設ラッシュに付随して、入会金数百万円の超高級スポーツクラブが続々と誕生します。

しかし90年代に入ると、バブルもあえなく崩壊。超高級スポーツクラブのほとんどは姿を消し、既存のスポーツクラブ経営改革を迫られます。キャンペーン中の入会金ゼロもその一つ。
ともあれ、スポーツクラブは、バブル崩壊以降の長引く不況から、
未だ脱出できていません。
今回提案するのは、そんなスポーツクラブへの新事業企画。それは…

チームスポーツクラブ』
チームスポーツクラブは、団体競技も楽しめる、新種のスポーツクラブです。例えば、あなたが「野球をしたい」と思えば、あなたの好きなポジション・打順で、野球を楽しめるのです。「4番・ピッチャー」のワガママなオーダーも、「6番・ショート」の身の丈大のオーダーも、思いのまま。あなたのオーダー通りに、クラブが、味方と敵の両チームを編成してくれます。あなた以外の選手は、全てスタッフ。そして、あなたを漫画の主人公のように盛り立ててくれるのです。あなたが「6番・ショート」なら、なぜかショートへの打球が多く、攻撃の好機は必ず6番に回ってきます。サッカーで「ボランチ」を希望すれば、あなたからのパスをキッカケに試合は動き、「キーパー」を希望すれば、必ずPKで試合は決まります。あなたの好きなポジションでチームスポーツが楽しめる。それがチームスポーツクラブ。予約の電話をもらえれば、どんなチームスポーツにも対応します。もちろん、「騎馬戦の上」であっても…。

(C)RECRUIT
そもそも「スポーツクラブ」と謳っておきながら、チームスポーツが楽しめないのは、
いかがなものか。そう、お嘆きの紳士も少なくないと思います。
何卒、ご検討頂きますよう、お願い申し上げます。


 いかがでしょう?「チームスポーツクラブ」。これさえあれば、無理して行きつけの飲み屋の野球チームに加わることも、嫌々、取引先のサッカーチームに参加することもありません。好きな時間に、好きなポジションで、野球やサッカーが楽しめます。もちろん、他のチームスポーツでもOK。最近流行のシンクロナイズドスイミングも、あなたの好きなポジションで参加できます。ちなみに、チームメイトはウォーターボーイズですが…。

さて、次回は、今年「USJ」と「ディズニーシー」の参戦で沸いたテーマパーク業界に、新たな事業企画をプレゼンする予定。乞うご期待!